無料レッスンライブラリ

音声版レッスン ライブラリ MP3版レッスン
各タイトルをクリックすると試聴できます。(転載禁止)

New骨盤の動きと頭の動き49分(2019.11.12 upload)

足の裏を合わせて骨盤を転がす 32分  横向きに寝て、体をひねる 33分

腕を後ろに・その1 39分  腕を後ろに・その2 28分

左右に転がる 29分 対角線のつながり 37分

うつ伏せからターンして座る 41分 体を横に曲げて、足をつかむ 45分

胸を広げる 43分  胸を動きやすくする 41分

体を曲げて、背中を解放する 36分  背中を反らす 47分

【レッスンを始める前に】

1. 練習するのに一番よい時間は、夜寝る前です。
食後すぐ練習するのはよくありません。食後一時間以上経ってからにしてください。
朝眼が覚めた時に、布団の中で前夜行った動きを二つか三つ思い出して練習してみるのもいいでしょう。

2. 服装は、体の動きや呼吸を妨げないようなゆったりした柔らかいものにしてください。背中にポタンやファスナーのついたものは避けましょう。

3. 畳またはカーペット敷きの床の上でレッスンを行ってください。
体に痛みを感じる場合には、バスタオルや毛布のようなものを余分に敷くのがいいでしょう。
それでも苦しければ、布団やベッドの上でもかまいませんが、あまり柔らかすぎるものの上は望ましくありません。

4. 手足を伸ばしても、邪魔にならない程度の広さを確保してください。

5. 暑すぎるのも寒すぎるのもよくありません。快適な室温を心がけてください。集中できるような静けさも必要です。

6. 休息するように指示された場合の他は、動きを続けながら、説明の言葉に耳を傾けてください。そうすれぱ、動きながら考える能力が身につきます。

7. 動きの速度は、最初はできるだけゆっくり行ってください。自然な呼吸のリズムが目安です。

8. 最初から大きな動きを目指すのはよくありません。力をできるだけ節約して、自然な呼吸を乱さない程度にし、微妙な違いに注意を向けてください。

9. 機械的な繰り返しにならないように、動きの度によりよい体の使い方を探りながらレッスンをしてください。